アルバイト募集情報|さまざまな職種の体験談を掲載!

トップページ > 話題の治験モニターの体験談

話題の治験モニターの体験談

話題の治験モニターの体験談



今ものすごく新薬を試す治験モニターのアルバイトが話題になっていると言いますね。実は私は学生時代に、「通称:治験バイト」こと、治験モニターのアルバイトを何度かおこないました。

今でこそ話題になっていますし、一般的なアルバイト情報誌やアルバイト情報サイトでも結構募集されているのですが、私が学生時代の頃は、そのようなアルバイトは口コミにて集められているイメージでしたね。

ですから、私が新社会人にて会社に就職したときは、学生時代に治験バイトをやっていたとなりますと、ちょっとした珍しい鳥でも見つけたような反応をされましたからね。

そして言われることと言えば、「お金、良いんでしょー。いいなー」ということでしたね。しかし、治験バイト経験者から言わせてもらいますと、確かにお金は良いのですけれど、アルバイト代が高いことにはそれなりに理由があるわけで、それなりのリスクだってあるのです。

私は過去に、治験バイト4回やったなかで1回はしばらく大学の講義を欠席するぐらいに体調を崩したことがあります。なんと言いますか、蕁麻疹が出たわけではなくて、身体がだるくなったのですよね。朝だるくって起きれないですとか。この話をすると、深刻度合いが伝わらないのか、怠け病扱いされるのですが、本当に身体が午前中は重くて仕方なかったことがあったのですよね。

また、週に1度は採血がありますので血を何回か抜かれます。ですから、当方女性ですが腕が注射跡でボコボコになることだってありましたね。

それにモニターをしているのですから、ある程度規則正しい生活をしなくてはなりませんので、まるっきり楽だとは言えません。そしてこちらはOBOGの紹介で治験バイトをしていましたので手を抜くわけにもいきませんからね。

ぐうたらしたり、肉ばっかり食べていたら、ちゃんと血液に出てしまいますからね。ですからなんとなくでも気が抜けないのです。それに、渡された薬以外は飲まないようにしなくてはなりませんから、風邪をひかないようにしなくてはいけませんからね。

ですから経験としては興味深いアルバイトであるかも知れませんが、まるっきり楽なわけでもないのです。しかし治験バイトはやっぱり一度経験してみると面白いかも知れませんね。